英語の勉強方法のノウハウ本(無料でWEB版あり)~英語上達完全マップ~森沢洋介さん著~もっと早くに出会いたかった一冊~

英語学習の凄いノウハウ~英語上達完全マップ~

本を読もうと思っていたけど、なかなか購入には至らず・・。
そうしていると、本とほぼ同じ内容がWEBで無料公開されているのを知りました。

森沢洋介さんのサイト「英語上達完全マップ

無料で拝読できますので、是非英語に興味のある方は一度見てください。

まず、トレーニング方法の詳細まで、かなり細かいノウハウを公開されているのに驚きました。

今まで私はTIE学院のメソッドや、カランメソッドなど、色々な英語メソッドを観てきましたが、かなり具体的に効果がありそうなトレーニングばかり。

なかでも、音読トレーニングをするというのが、私が二年間通ったTIE学院で受けた「子供用絵辞書(ピクチャーディクショナリー)の暗唱とよく似ている事に気がつきました。

やり方は違えど、「知ってる」から「出来る」に変換するトレーニングというのは、地道にトレーニングする必要があるのだな・・と感じました。

森沢洋介さんのTOEICに対する考察に共感

英語のテスト 特にTOEICについて」のコラムを読んで、共感するとともに、もっと早くこのコラムに出会いたかったと悔やみました。

なぜなら、自分が目指す英語会話力とは関係ないと思っていたため、TOEICなどのテストは受けようと思った事すらありませんでした。

TOEICの点数を、自分で成長を客観的に実感できる為に受ける。
その考え方を、一ヶ月程前に自分で思いついたばかりだったので、やっぱり良いアイデアだったんだと実感するのと同時に、もっと早くこのコラムに出会っていれば、10年前に英語を少し勉強していた時から継続できていたかも・・・と悔しい思いもこみ上げてきました。

そして、現在私はiKnowとNativebusterという英会話アプリを2つ組み合わせて使用するのを柱に勉強していますが、この2つのアプリも、基本的にはこの「英語上達マップ」の考え方に沿うモノだと思いました。

(私はiKnowのセンテンストレーラー(和文→英訳)をメインに使っており、基本単語ばかりを繰り返して使用している)

 Nativebusterのシローさんも、森沢洋介さんのボキャビルのコラムにかなり近い考え方で、基本動詞と基本英文法を幅広く自由に使いこなせるようになってから、語彙を増やしていく方法が良いと仰っていました。

お二方とも20年以上も英会話スクールで生徒を指導されているので、英語を話せるようになるメソッドに、かなり共通点があると感じました。

英語上達完全マップのトレーニング・標準ケース」を読んで、今の私の英語学習に足りないのは、短文の和文→英訳だと確信しました。

だからiKnowを少し控えめにして、「瞬間英作文トレーニング」のアプリで、口から瞬間的に英文が出るまでトレーニングしてみようと思っています。

いやー、欲をいうと学生時代に出会いたかった一冊(情報)でした~