英語教材レビュー~ハートで感じる英文法 DVDセット ~中学入学の御祝プレゼントにもオススメです

ハートで感じる英文法は、私が英文法を楽しいと感じた思い出の番組

私は英文法というものが、嫌いで嫌いで仕方がありませんでした。
嫌い以前の問題で、「なぜ英語に文法が必要なのか?」事がまったく理解できていませんでした。

この番組は2005年にNHKで放映されていました。
僕はその当時社会人としてとても忙しい日々で、帰宅して11時くらいにTVを観るのが唯一の楽しみ。

偶然NHKをつけて、この番組を観たところ、とても面白い!。
他のお笑い番組よりも面白いくらいで、英語の文法がグッと身近に感じるとともに、なぜ英文法が大切なのかがすごく理解できたんです。

中学入学の御祝プレゼントにもオススメです

私には中学2年生と小学校6年生の姪と甥がいます。甥っ子の中学の御祝に、何か良いプレゼントはないかな・・・・と考えていたんです。

すると、中学2年の姪っ子が、英文法がさっぱりわからないと言っている情報を姉から入手。そしてすっかり英語嫌いになってしまっている・・様子。

これはなんとかしなくては・・・と思い、私は甥の入学祝いと姪っ子の誕生日祝いをかねて、私の思い家レのある「ハートを感じる英文法」のDVDをプレゼントしました。

そして、プレゼントして、一緒に1話を見て見ましたが・・・・

久々に観ても、面白かったです。1話は 前置詞「on」の解説でした。

「壁にくっついている」のもONで表現されるので、「上に」と日本語で訳されるには無理がある!。

ONのコアイメージを覚えて、応用ができるというお話でした。

ところが、一緒に観ていた中学2年の姪っ子は、「継続用法」「~~用法」など、僕が20年前にならっていたのと同じような古い?英文法を習っているみたいで、
やっぱりこの番組を観て、衝撃を受けているようでした。

これからの受験もTOEICやTOEFLに移行していくようですし、これまでの~用法~用法とアカデミックに分類していく英文法を勉強しても、けっして英語を話せるようにはなりません。

中学生の英語の出会い初期に、大西先生のような、英文法を感覚的に理解するメソッド学べば、必ず英語は話せるようになると思いますし、ネイティブの感覚を理解するのに役立つと思いました。

DVDだけでも良いですが、本も一緒にオススメします


DVDだけでも良いですが、教本はさらに詳しく書いてあり復習できます (1億人の英文法でも良い気がします・・)

ハートで感じる英文法まとめ

今回、中学生になる甥っ子の御祝と、中学2年生の姪っ子への誕生日プレゼントをかねて、僕の思い出の番組、大西先生の「ハートで感じる英文法」のDVDセットをプレゼントしてみました。

そして、中学生の姪っ子とDVDを一緒に観て気づいたのは、

現在の中学校で学ぶ英文法は、25年ほど前に僕が習った英文法と何も変わっていないということです。

~~用法をいくら覚えたところで、話せるようにはなりません。

話せるようになるための、土台としての英文法を、学校で教えるようになってほしいものです。

僕が衝撃を受けた大西先生の、「イメージで理解する英文法講義」は、現在の中学生でもやっぱり衝撃を受けるようです。 後日「目から鱗が落ちた・・」と感謝されました。

中学生や高校生の入学御祝プレゼントに、良いチョイスだったかなーと思ったのでした。